有料・無料に係わらず飲食物を提供される
飲食店営業許可のない出展者の皆様へ


 「おもてなしウィーク」は、既存の店舗や自宅などを使って開催するイベントであり、普段、商売をされていない方や作家さんなども出展します。そして来場者が作品等の鑑賞をしながら、出展者からコーヒーやお茶で心温まるおもてなしをうけることも魅力の一つ。 しかし有料・無料に係わらず、飲食物を提供する場合は、京都府乙訓保健所へ模擬店開設届の提出が必要です。

*既製品のお菓子(1つずつ包装されているもの)やペットボトル・缶飲料など封を開けずに配布される場合は、届けは不要です。

 

 

「おもてなしウィーク」は1カ所に集まって行うイベントではありませんが、観光客や町民など不特定多数の人が集うことから食品衛生上の危害を防止するため、模擬店開設届の提出を求められます。

 本来、飲食店や喫茶店を営業したり,食品を製造,販売(魚,肉,牛乳)するには,食品衛生法にもとづく飲食店営業許可が必要です。しかし地域活性化の面から都道府県の条例によって、模擬店として特別に短期間(同一の主催者が同様形態で年3回以下、開催期間1〜3日)で認めています。

 

 

*申請は「おもてなしウィーク実行委員会」で一括して行います。

*申込受付完了後、提出期日までにおもてなしウィーク実行委員会に提出ください。

*開設届は京都府HP・市町村共同電子申請システムよりダウンロードください。

 

 

❶提供する食品について

・原則として、調理・加工が簡易なもので、提供直前に加熱、その場で喫食するもの
・出展場所で加熱しない食べ物(おにぎりなど)を提供する場合は、「飲食店営業許可」を取得した設備で調理したものに限ります。
・加熱調理して提供する食べ物(カレー、うどんなど)は、販売する場所で当日調理し、充分に加熱し提供してください。その場で持ち帰りが無いよう飲食を呼びかけてください。
・ご飯類は、可能な限りレトルトまたは無菌包装米飯を使用。現地で炊飯する場合は、事前に調理場で下処理をし、炊飯後は65℃以上で保温を。
・ジュースは市販品を小分けするものに限ることとし、その場での製造は不可。
・牛乳は市販品を小分けするものに限ることとし、保冷設備を設けて、保存温度を遵守してください。容器の移し替えは、衛生的に行ってください。

 

 

❷食品の取り扱いについて

・食品の仕入れにあたっては、可能な限り当日に行い、食品に応じ冷蔵するなど衛生的な保管を。
・下処理については、原則として、提供当日に衛生管理の行き届いた屋内で行ってください。
・食品は素手で触らず、使い捨てのビニール手袋を使いましょう。  
・器具および調理器具などは衛生管理が行き届き、清潔なものを使用すること。原則、食器は使い捨てで。
・飲用に適する水の十分な確保を。
・屋外での調理・加工は必要最小限とし、屋外での調理および販売においてはテントなどの中で行ってください。
・調理を行う場合は、使用に便利な位置に手洗い設備および消毒設備を設けてください。
・提供食品に応じ、冷蔵庫やクーラーボックスなどに衛生的に保管してください。 

 

 

➌従事する人
・嘔吐・下痢などの消化器症状のある人、手指に傷のある人は直接食品に触れる業務は

   従事しないでください。  
・清潔な作業着の着用を
・爪は短く切り、調理などに際し、指輪・時計は外してください。 
・髪をまとめ、エプロン・三角布(帽子)着用しましょう。
・食品に触れないようマスク・手袋をしましょう。  
・調理前および要便後には、手洗い、消毒を励行してください。

・爪は短くカット、マニキュアは落とし、指輪・時計は外しましょう。

・エプロン・三角布(帽子)着用、必要に応じ、マスク・手袋をしましょう。  

 

❶〜➌でわからないことがあれば、乙訓保健所(075-933-1151)へお問い合わせください。

 

 

せっかくの皆様の心温まるおもてなしが法律や条令によって、制限されるのは非常に残念ですが、何かが起こった時では遅いので事前の対策が必要なことをご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

【募集要項】

★開催期間 11月23日(金・祝)・24日(土)・25日(日)

★申込期間 8月1日(水)~31日(金)〆切厳守

*締切日以降のお申込みはお受けできません。

 

★出展資格 町内外問わず

*出展内容がおもてなしウィークの趣旨にそぐわないと判断される場合はお断りする場合があります。

*飲食店営業許可をお持ちでない方で、有料・無料に関わらず飲食物を扱われる方は、こちらをお読みの上、お申し込みください。

 

★出展場所 大山崎町一円

*出店場所は、ご自分でご用意ください。

*用意できない方には、委員会の方でふるさとセンターを用意しています。

*ふるさとセンターでの出店希望の方は、後日アップする詳細をお読みの上、お申し込みください。

       
★参加費  2,200円(広告1枠分・事務通信費含む)~
A.出展場所をご自分で用意    2,200円
B.委員会用意の会場(ふるさとセンター)で出展  3,200円 

*今年、ふるさとセンターは3日間開場

*出展料は、キャンセルの場合も返金できません。

*お振込みのみの取扱いとなります

*合同出展の場合も、各々の出展者に出展広告料が必要です

*2箇所以上申込まれる方は、出展場所ごとに申込みが必要です

*申込みハガキ送付後、すみやかにお振込みください

 

★申込み方法 往復はがき

❶各項目の詳細を確認の上、住所・氏名・電話番号を☎・✉で実行委員会へご連絡ください。

❷後日、申込み往復はがきを送付します

❸必要事項を記載の上、申込みはがきを返信ください。

❹申込みハガキの受取と出展料振込の確認をもって受付完了となりますので、〆切にご注意ください。
 

【往復はがき取寄せおよび問合せ連絡先】

080-3118-9018 (大山崎町担当イバタ)

090-9275-1641(島本町担当ヤブキ)

090-8381-0796(町外担当 オオバ)
✉omotenashiweek@gmail.com(ナガタ)

 

【振込み先】

■ゆうちょ銀行から

ゆうちょ銀行[記号]14450[番号]11618621オモテナシウィークジッコウイインカイ

■ゆうちょ銀行以外の金融機関から(手数料はご負担ください)

ゆうちょ銀行[店名]四四八[店番]448[種目]普通預金[番号]1161862おもてなしウィーク実行委員会

 

おもてなしウィーク実行委員会 

☎080-3118-9018 (委員長 イバタ)

✉omotenashiweek@gmail.com(ナガタ・オオバ)

HP:http://omotenashiweek.main.jp/2018

 

 

 

 

 

 

■ふるさとセンターロビー・軒下での出展

 

・搬入は、当日の朝9時15分~

 

・搬出は、なるべく15時以降に。開催時間内に行う場合は、周りの出展者ならびに来場者にケガや、物品などを破損しないよう行ってください。

 

 

・出展スペースは幅200cm前後×奥行180cm前後

 (場所や出展数により変更する場合あり)

 

 

・開催期間中、基本10時〜15時の間は営業・展示をお願いします。(会場は16時まで使用可)

 

・テーブルなど展示のための備品はご自身でご用意ください。遠方で持ち込みができない方には、センターの机を貸出可能。申込みはがきに「机希望」とお書きください。数に限りがありますので、申込み順に受け付け、無くなり次第受付終了となります。

 

・イスはセンターのものをご利用可能です。

 

・ロビー・軒下での火器は厳禁。

 

・当日調理が必要な方は、申込み時に『台所使用希望』と記載。

ふるさとセンターと協議のうえ、使用可能かどうか、使用する場合の条件などを後日連絡

 

・コンセントが必要な方は『コンセント希望』と記載の上、どれだけのワット数が必要か記載。コンセントの数が限られているため、希望が多い場合は出展内容を見て、判断します。内容によってはお断りする場合があります。

 

・開催1~2日目は、商品をそのままにして閉めてもらってもかまいませんが、商品・展示品などの盗難・破損などの責任は持てませんのでご了承ください。

 

■ご自分でふるさとセンターの会議室などを借りての出展

 

・出展料、出店条件については、一般の出展の方と同じです

 

・机など展示のための備品については、ご自身で用意または借りた部屋のものをご使用ください。

 

・閉展時間は、15時以降でも結構です。ふるさとセンター開館時間内でお決めください。

 

・貸部屋予約申込み開始は、通常借りる2か月前ですが、おもてなしウィークでの出展という条件付きで3か月前に実行委員会の方でとりまとめ、仮押さえをします。

 

・実行委員会からの参加確定の連絡があってから、本予約と会場費の支払いをふるさとセンター窓口でお済ませください。

こんにちは!おもてんわんこです^^

 

いやー、ついついFacebookの方に投稿してしまって、

ブログは、久しぶりの投稿になってしまいました。

 

1月28日には、JR山崎駅前のタビタビさんで

出展者さんと実行員とで懇親会を開催

みなさんにおもてなしウィーク開催中の様子を

スライドショーで見ていただきました。

 

さて、年末に出展者さん宛にアンケートを送りまして

懇親会ではその結果を配布させていただきました。

今日はそのアンケートの結果をご報告します。

 

この結果を参考に

2018年のおもてなしウィークを盛り上げていきたいと思います。

 

「あ、アンケート出すの忘れてた!」という出展者さんや、

おもてなしウィークに遊びに来てくれた方や

今年は行ってみようかなと思ってくださっている方、

すべての方からのご意見・ご感想大歓迎です。

コメント欄へ書き込みよろしくお願いしまーす^^

 

 

 

 

■おもてなしウィーク2017出展者アンケート回答 

*69軒中55軒からご回答いただきました。

 

1.開催時期について(複数回答あり)
□このまま  34人 

□11月で早め  11人  

□12月   0人    

□10月 2人 
□春 10人(4月1人、5月4人、アートフェスタin大山崎と同時期にする1人)
□夏 0人 

□冬 2人(11月1人、2月1人)


2.年2回(通常の回遊型と1か所集結型)開催になったら
□両方参加 25人 

□どちらか参加 15人 

□1回でよい 14人   

□無回答 1人
 

3.開催期間について
□長い 9人 

□ちょうど良い 45人 

□短い 1人
 

4.来場者数は(予想より、又は前回の参加より) 
□多かった 10人 

□まあまあ 25人 

□少なかった 20人
 

5.ご意見などあればご自由にお書きください
・ワークショップは集めた方が。

 

・初めての参加で何より楽しかったです。

 作品に興味を持って見て頂いて嬉しかったです。
 

・知らない人が多かったので来年は

 もっともっと多くの人々に宣伝しまーす
 

・街全体にわたっておもてなし行く、

 他の地区から羨ましがられています。
   この催しが大山崎の誇りで長く続くことを願っています。

 

・パンフレットをもっと早く欲しいです。

 パンフレットは制作に時間がかかると思うので、
   簡単な知らせでも一か月前ぐらいにあれば

 もっと宣伝できると思います。
 

・ぜひ阪急西山天王山駅を地図に記載を
 

・京都新聞に載るよう開催テーマなどの工夫を
 

・当店のPR文も再考します
 

・エリアが広すぎる
 

・町民へのPR不足
 

・物販が多すぎるのでは?
 

・歩いて巡ろうとする魅力が乏しい
 

・テーマ性がないのでイベントの焦点が薄い(コンセプトが必要)
 

・他市の方からも来てくれたり、毎年来てくれる人もいて、

 楽しいおしゃべりもできました。2018年も頑張ります。
 

・1日目の離宮での開催、屋内があると分からず

 帰られた方がいたと後で聞きました。
   立て看板などがあるとよかったかなと思いました。

 去年に引き続き今年も参加したいです。
 

・土日だけでいい気もします。
 

 

・まだ初出店なのでわかりません。

 日程が可能であれば、年2回になっても参加します。
 楽しく参加させていただきました。

 

 

・「おもてなし」の部分と「売り上げ」部分とがなかなか合致せず…。

 どのように参加する方針でいくのか迷います。
 

 

・今回初参加のため、あまり周知されておらず少なかった。
 

 

・関大明神は激減でした。

 人を巻き込まなかったのが原因だとおもいます。

 今年は公民館が参加したことで、

 西国街道の中間地点が賑わい良かった。

 「公民館・洛和ヴィラ」でにぎわいゾーンが

 できるとよいと思う。

 SNSでの事前広報が行き届かず、申し訳なかったです。

 
 

 

・実行委員やスタッフが増えると良い
 

 

・今回は今迄で最も多くの入場者があり感謝しています。

 広報と収入の為におもてなしウィーク実行委員会として

 他のイベントに参加出展してはどうでしょか。
 

 

・大変お世話になりました。ありがとうございます等

 多数ねぎらいのお言葉を頂きました!

 

 

 

アンケートへのご協力、ありがとうございました!

2018年もよろしくお願いしまーす!

 

出展要項◆並膸該蠅佞襪気肇札鵐拭爾任僚佚犬鬚幹望される方用)

 

【ご注意!】

今年は、24日(金)がセンター閉館日と重なるため、この日の出展場所は、離宮八幡宮(境内および新社務所)となります。

25日(土)、26日(日)は、通常通り、ふるさとセンターでの開催ですので、期間中、荷物の移動をお願いいたします(ふるセンへの搬入は24日夕方可能)。

何かと不自由をおかけすることになりますが、ご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

【24日(金)離宮八幡宮での出店について】

・会場(新社務所)は畳敷きです。

・高さの低いテーブル(座卓)は貸出しあり。テーブル持参の場合は、脚の下に畳が傷まないようにビニールシートを敷き、かつボール紙をかますようにしてください。

・イスの貸出しはありません。必要な場合は、各自ご用意ください。

・テント持込み希望の方は、外(境内)での出店となります。屋内での出店はできません。

・搬入は当日の朝9時からです。

・当日調理が必要な方は、申込み時に『台所使用希望』とお書きください。離宮八幡宮と協議のうえ、使用可能かどうか、使用する場合の条件などお知らせします。

・コンセントが必要な方は『コンセント希望』と記載の上、どれだけのワット数が必要かも記載ください。コンセントの数が限られているため、希望が多い場合は出展内容を見て、または抽選となります。内容によってはお断りする場合があります。

・翌日以降、ふるさとセンターでの出店を予定している方は、24日夕方に荷物を搬入することができますが、商品・展示品などの盗難・破損などの責任は持てませんのでご了承ください。

 

【25日(土)26日(日)ふるさとセンターロビー・軒下での出展希望の方へ】

・スペースは幅180×奥行100(出展数により多少変更有)となります。

・お店の開店日時がバラバラだと活気なく見えるため、なるべく期間中通して、10時から15時まで(会場は16時まで使用可)の出店をお願いします。

・ふるさとセンターの机が古く、使用できる数が限られてきています。できるだけご自分で調達ください。イスはセンターのものをご利用可能です。

・ロビー・軒下での火器は厳禁です。当日調理が必要な方は、申込み時に『台所使用希望』とお書きください。ふるさとセンターと協議のうえ、使用可能かどうか、使用する場合の条件などお知らせします。

・コンセントが必要な方は『コンセント希望』と記載の上、どれだけのワット数が必要かも記載ください。コンセントの数が限られているため、希望が多い場合は出展内容を見て、または抽選となります。内容によってはお断りする場合があります。

・搬入は当日の朝9時15分からです。

・引き続き翌日出展のある方は、商品をそのままにして閉めてもらってもかまいませんが、商品・展示品などの盗難・破損などの責任は持てませんのでご了承ください。

 

【25日(土)26日(日)ご自分でふるさとセンターの一室を借りて参加される方へ】

・出展料、出店条件については、一般の出展の方と同じですが、部屋の仮押さえを一括して実行委員会の方で申請しますので、締切りは厳守ください。部屋の仮押さえは先着順になります。実行委員会の方での申請が完了後ご連絡しますので、各自で部屋の本予約と部屋代のお支払いをふるさとセンターにて行ってください。

*ふるさとセンターの予約申込み開始は、通常借りる2か月前の9月24日以降になりますが、おもてなしウィークでの出展という条件付きで3か月前に実行委員会の方でとりまとめ、仮押さえをします。実行委員会からの参加確定メールを送信後、本予約と会場費の支払いをふるさとセンター窓口でお済ませください。

 

【出展広告料】参加日数に関係なく1箇所1枠3200円(事務通信費含む)

住民主体の実行委員会運営のため、イベント継続に向け、3200円以上のご支援・ご協力をお願いいたします。また、実行委員会の運営にご協力いただけるスタッフも同時募集しております。

 

いったんお預かりした出展料は、キャンセルの場合も返金できませんのでご了承ください。

 

【注意事項】

*お振込みのみの取扱いとなります

*合同出展の場合も、各々の出展者に出展広告料が必要です

*2箇所以上申込まれる方は、出展場所ごとに申込みが必要です

*おもてなしに相応しくない内容は、お断りする事があります

 

【お申込み方法】往復ハガキのみ

出展広告料をお振込みの上、返信面の「出展申込みフォーム」に必要事項をご記入・ご返送ください。

 

2015・2016年の出展者さまにはこちらからハガキを送付させていただきます。

久しぶりに、あるいは、新しく出展をご希望の方は、電話またはメールにてハガキの送付をお申しつけください。

 

【お申込み期限】8月21日(月)消印有効

締切日以降のお申込みはお受けできません。

 

お申込み受付け後、1週間以内に、受付け完了メールをお送りします。

その際に、説明会の日程などをご案内する予定です。

1週間を過ぎても受付けメールが届かない場合は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

(念のため、迷惑メールボックスなどに入っていないかもご確認ください)

 

【振込み先】

■ゆうちょ銀行から

ゆうちょ銀行[記号]14450[番号]11618621オモテナシウィークジッコウイインカイ

■ゆうちょ銀行以外の金融機関から(手数料はご負担ください)

ゆうちょ銀行[店名]四四八[店番]448[種目]普通預金[番号]1161862おもてなしウィーク実行委員会

 

【お問合せ】おもてなしウィーク実行委員会 オオバ090‐8381-0796、ナガタ090-3636-4789またはomotenashiweek@gmail.com

HP:http://omotenashiweek.main.jp/2017/

出展要項 憤貳未僚佚玄圓気麝僉

*大山崎ふるさとセンターでの出展希望の方は、別の記事にて詳細を記載しています。詳細をお読みの上、お申込みください→コチラをクリック

 

【出展広告料】1箇所につき1枠2200円(事務通信費含む)

住民主体の実行委員会運営のため、イベント継続に向け、2200円以上のご支援・ご協力をお願いいたします。また、実行委員会の運営にご協力いただけるスタッフも同時募集しております。

 

いったんお預かりした出展料は、キャンセルの場合も返金できませんのでご了承ください。

 

【注意事項】

*お振込みのみの取扱いとなります

*合同出展の場合も、各々の出展者に出展広告料が必要です

*2箇所以上申込まれる方は、出展場所ごとに申込みが必要です

*出展や展示場所をお探しの方も、お気軽にご相談ください

*おもてなしに相応しくない内容は、お断りする事があります

 

【お申込み方法】往復ハガキのみ

出展広告料をお振込みの上、返信面の「出展申込みフォーム」に必要事項をご記入・ご返送ください。

 

2015・2016年の出展者さまにはこちらからハガキを送付させていただきます。

久しぶりに、あるいは、新しく出展をご希望の方は、電話またはメールにてハガキの送付をお申しつけください。

 

【お申込み期限】8月21日(月)消印有効

締切日以降のお申込みはお受けできません。

 

お申込み受付け後、1週間以内に、受付け完了メールお送りします。

その際に、説明会の日程などをご案内する予定です。

1週間を過ぎても受付けメールが届かない場合は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

(念のため、迷惑メールボックスなどに入っていないかもご確認ください)

 

【振込み先】

■ゆうちょ銀行から

ゆうちょ銀行[記号]14450[番号]11618621オモテナシウィークジッコウイインカイ

■ゆうちょ銀行以外の金融機関から(手数料はご負担ください)

ゆうちょ銀行[店名]四四八[店番]448[種目]普通預金[番号]1161862おもてなしウィーク実行委員会

 

【お問合せ】おもてなしウィーク実行委員会 オオバ090‐8381-0796、ナガタ090-3636-4789またはomotenashiweek@gmail.com

HP:http://omotenashiweek.main.jp/2017/

「おもてなしウィーク2017」出展者募集!

お申込みの前に、以下のご案内をよく読んでくださいね。

今年は、11月24日(金)、25日(土)、26日(日)の3日間です。

 

*******************

 

【ご注意!】

〆Gの出展申込みは、往復ハガキのみとなっております

 

2015・2016年の出展者さまにはこちらからハガキを送付させていただきますので、出展料をお振込みの上、必要事項を記入して返送ください。

久しぶりに、あるいは、新しく出展をご希望の方は、電話またはメールにてハガキの送付をお申しつけください。

おもてなしウィーク実行委員会 オオバ090‐8381-0796、ナガタ090-3636-4789またはomotenashiweek@gmail.com

 

締切期限8月21日(月)以降のお申込みはお受けできません。

 

△佞襪気肇札鵐拭爾任僚佚犬鬚考えのみなさまへ重要なお知らせです

 

今年は、24日(金)がセンター閉館日と重なるため、この日の出展場所は、離宮八幡宮(境内および新社務所)となります。

25日(土)、26日(日)は、通常通り、ふるさとセンターでの開催ですので、期間中、荷物の移動をお願いいたします(ふるセンへの搬入は24日夕方可能)。

何かと不自由をおかけすることになりますが、ご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

*******************

 

【目次】

1.2017年のごあいさつ

2.おもてなしウィークとは?

3.こんな出展者さん(おもてなし)をお待ちしています!

4.出展要項 憤貳未僚佚玄圓気麝僉法→クリックで別ウインドウにて見ていただけます

5.出展要項◆並膸該蠅佞襪気肇札鵐拭爾任僚佚犬鬚幹望される方用) →クリックで別ウインドウにて見ていただけます

 (このままスクロールしていただいても同じ文章が見られます)

 

**********************

 

1.2017年のごあいさつ

 

「まちまるごと文化祭」をテーマに2008年にスタートした「おもてなしウィーク」。おかげさまで、今年で10回目の節目の年を迎えることとなりました。

今回も出展者のみなさまとご一緒に、心温まる「おもてなし」で、来る方によろこんでいただける催しにできたらと願っております。

 

2017年も、「ワンコイン(100円or500円)」などのサービスに加え、昨年ご好評をいただいた「じゃんけん合戦」を行う予定です。ご協力をいただければ幸いです。

 

 

2.おもてなしウィークとは?

 

「おもてなしウィーク」は、期間中、町内の店舗で割引や粗品進呈など、普段は無い期間限定の特典・企画やサービスを受けられたり、町内の作家さんらによるさまざまな体験や作品鑑賞ができる、「食べる・得する・体験する・鑑賞する・癒される」楽しい3日間です。

 

 

3.こんな出展者さん(おもてなし)をお待ちしています!

 

◎町内の芸術家・作家、趣味で手づくり小物や絵画などを製作されている住民の方で、工房、ギャラリー、自宅、町内店舗、古民家などにおいて、体験教室や作品鑑賞、作品の販売等が可能な方

◎期間中、町内のスポット等で創作活動の展開が可能な芸術家・作家等(観光客の似顔絵など)

◎歴史のある建物、古民家を公開していただける方

◎個人のステキなガーデニング等を公開していただける方

◎企業や個人が所有するお宝などを公開していただける方

◎大山崎の古い写真やお宝を公開していただける方

◎期間中、来場者等に割引や粗品進呈等のおもてなしが可能な店舗・飲食店や作家・住民の方

◎地産地消!新鮮な野菜の販売や農業体験などを実施していただける農家等の方

◎創業・出店をお考えの方

◎店舗や飲食店で新しい試みを試行したい方 など

 

 

4.出展要項 憤貳未僚佚玄圓気麝僉

*大山崎ふるさとセンターでの出展希望の方は、さらに下の5.にて詳細を記載しています。詳細をお読みの上、お申込みください。またはコチラをクリックしてください。

 

【出展広告料】1箇所につき1枠2200円(事務通信費含む)

住民主体の実行委員会運営のため、イベント継続に向け、2200円以上のご支援・ご協力をお願いいたします。また、実行委員会の運営にご協力いただけるスタッフも同時募集しております。

 

いったんお預かりした出展料は、キャンセルの場合も返金できませんのでご了承ください。

 

【注意事項】

*お振込みのみの取扱いとなります

*合同出展の場合も、各々の出展者に出展広告料が必要です

*2箇所以上申込まれる方は、出展場所ごとに申込みが必要です

*出展や展示場所をお探しの方も、お気軽にご相談ください

*おもてなしに相応しくない内容は、お断りする事があります

 

【お申込み方法】往復ハガキのみ

出展広告料をお振込みの上、返信面の「出展申込みフォーム」に必要事項をご記入・ご返送ください。

 

2015・2016年の出展者さまにはこちらからハガキを送付させていただきます。

久しぶりに、あるいは、新しく出展をご希望の方は、電話またはメールにてハガキの送付をお申しつけください。

 

【お申込み期限】8月21日(月)消印有効

締切日以降のお申込みはお受けできません。

 

お申込み受付け後、1週間以内に、受付け完了メールお送りします。

その際に、説明会の日程などをご案内する予定です。

1週間を過ぎても受付けメールが届かない場合は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

(念のため、迷惑メールボックスなどに入っていないかもご確認ください)

 

【振込み先】

■ゆうちょ銀行から

ゆうちょ銀行[記号]14450[番号]11618621オモテナシウィークジッコウイインカイ

■ゆうちょ銀行以外の金融機関から(手数料はご負担ください)

ゆうちょ銀行[店名]四四八[店番]448[種目]普通預金[番号]1161862おもてなしウィーク実行委員会

 

【お問合せ】おもてなしウィーク実行委員会 オオバ090‐8381-0796、ナガタ090-3636-4789またはomotenashiweek@gmail.com

HP:http://omotenashiweek.main.jp/2017/

 

 

5.出展要項◆並膸該蠅佞襪気肇札鵐拭爾任僚佚犬鬚幹望される方用)

 

【ご注意!】

今年は、24日(金)がセンター閉館日と重なるため、この日の出展場所は、離宮八幡宮(境内および新社務所)となります。

25日(土)、26日(日)は、通常通り、ふるさとセンターでの開催ですので、期間中、荷物の移動をお願いいたします(ふるセンへの搬入は24日夕方可能)。

何かと不自由をおかけすることになりますが、ご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

【24日(金)離宮八幡宮での出店について】

・会場(新社務所)は畳敷きです。

・高さの低いテーブル(座卓)は貸出しあり。テーブル持参の場合は、脚の下に畳が傷まないようにビニールシートを敷き、かつボール紙をかますようにしてください。

・イスの貸出しはありません。必要な場合は、各自ご用意ください。

・テント持込み希望の方は、外(境内)での出店となります。屋内での出店はできません。

・搬入は当日の朝9時からです。

・当日調理が必要な方は、申込み時に『台所使用希望』とお書きください。離宮八幡宮と協議のうえ、使用可能かどうか、使用する場合の条件などお知らせします。

・コンセントが必要な方は『コンセント希望』と記載の上、どれだけのワット数が必要かも記載ください。コンセントの数が限られているため、希望が多い場合は出展内容を見て、または抽選となります。内容によってはお断りする場合があります。

・翌日以降、ふるさとセンターでの出店を予定している方は、24日夕方に荷物を搬入することができますが、商品・展示品などの盗難・破損などの責任は持てませんのでご了承ください。

 

【25日(土)26日(日)ふるさとセンターロビー・軒下での出展希望の方へ】

・スペースは幅180×奥行100(出展数により多少変更有)となります。

・お店の開店日時がバラバラだと活気なく見えるため、なるべく期間中通して、10時から15時まで(会場は16時まで使用可)の出店をお願いします。

・ふるさとセンターの机が古く、使用できる数が限られてきています。できるだけご自分で調達ください。イスはセンターのものをご利用可能です。

・ロビー・軒下での火器は厳禁です。当日調理が必要な方は、申込み時に『台所使用希望』とお書きください。ふるさとセンターと協議のうえ、使用可能かどうか、使用する場合の条件などお知らせします。

・コンセントが必要な方は『コンセント希望』と記載の上、どれだけのワット数が必要かも記載ください。コンセントの数が限られているため、希望が多い場合は出展内容を見て、または抽選となります。内容によってはお断りする場合があります。

・搬入は当日の朝9時15分からです。

・引き続き翌日出展のある方は、商品をそのままにして閉めてもらってもかまいませんが、商品・展示品などの盗難・破損などの責任は持てませんのでご了承ください。

 

【25日(土)26日(日)ご自分でふるさとセンターの一室を借りて参加される方へ】

・出展料、出店条件については、一般の出展の方と同じですが、部屋の仮押さえを一括して実行委員会の方で申請しますので、締切りは厳守ください。部屋の仮押さえは先着順になります。実行委員会の方での申請が完了後ご連絡しますので、各自で部屋の本予約と部屋代のお支払いをふるさとセンターにて行ってください。

*ふるさとセンターの予約申込み開始は、通常借りる2か月前の9月24日以降になりますが、おもてなしウィークでの出展という条件付きで3か月前に実行委員会の方でとりまとめ、仮押さえをします。実行委員会からの参加確定メールを送信後、本予約と会場費の支払いをふるさとセンター窓口でお済ませください。

 

【出展広告料】参加日数に関係なく1箇所1枠3200円(事務通信費含む)

住民主体の実行委員会運営のため、イベント継続に向け、3200円以上のご支援・ご協力をお願いいたします。また、実行委員会の運営にご協力いただけるスタッフも同時募集しております。

 

いったんお預かりした出展料は、キャンセルの場合も返金できませんのでご了承ください。

 

【注意事項】

*お振込みのみの取扱いとなります

*合同出展の場合も、各々の出展者に出展広告料が必要です

*2箇所以上申込まれる方は、出展場所ごとに申込みが必要です

*おもてなしに相応しくない内容は、お断りする事があります

 

【お申込み方法】往復ハガキのみ

出展広告料をお振込みの上、返信面の「出展申込みフォーム」に必要事項をご記入・ご返送ください。

 

2015・2016年の出展者さまにはこちらからハガキを送付させていただきます。

久しぶりに、あるいは、新しく出展をご希望の方は、電話またはメールにてハガキの送付をお申しつけください。

 

【お申込み期限】8月21日(月)消印有効

締切日以降のお申込みはお受けできません。

 

お申込み受付け後、1週間以内に、受付け完了メールをお送りします。

その際に、説明会の日程などをご案内する予定です。

1週間を過ぎても受付けメールが届かない場合は、お手数ですが、再度ご連絡ください。

(念のため、迷惑メールボックスなどに入っていないかもご確認ください)

 

【振込み先】

■ゆうちょ銀行から

ゆうちょ銀行[記号]14450[番号]11618621オモテナシウィークジッコウイインカイ

■ゆうちょ銀行以外の金融機関から(手数料はご負担ください)

ゆうちょ銀行[店名]四四八[店番]448[種目]普通預金[番号]1161862おもてなしウィーク実行委員会

 

【お問合せ】おもてなしウィーク実行委員会 オオバ090‐8381-0796、ナガタ090-3636-4789またはomotenashiweek@gmail.com

HP:http://omotenashiweek.main.jp/2017/

 

おもてなしウィーク出展者のみなさまへ

2016おもてなしウィーク報告・反省会&交流会のご案内です!

 

みなさま、こんにちは。お世話になります。
おかげさまで、2016年のおもてなしウィークも無事終了することができました。
ありがとうございました。ほんとうにお疲れさまでした!


最終日はあいにくのお天気となりましたが、3日間通して大勢の方が大山崎町を訪れ、楽しい時間を過ごしていただけたのではないかと思います。
新企画「じゃんけん合戦」も、出展者のみなさまのご協力もあり大好評!
来年につながる手ごたえを感じております。重ねてお礼申し上げます。

 

 

とは言え、実行委員会での運営もようやく2年目。昨年に引き続き、今年もたくさんの反省点や課題が見つかりました。
出展者のみなさまにも、何かとご迷惑や不自由をおかけいたしました。すみませんでした。


そのようなこともふまえて、みなさまとともに「2016おもてなしウィーク」を振り返り、今後に向けて改善すべき点などお話しできる機会を持つべく、「報告・反省会&交流会」を開催させていただくことにいたしました。
出展者でもある『カフェタビタビ』さんの美味しいお料理を味わいながら、みなさまとご一緒に和やかなひとときを過ごせたらと思います。
ご多忙中とは存じますが、万障繰り合わせの上、ご出席いただければ幸いです。

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

「2016おもてなしウィーク報告・反省会&交流会」
日時:2017年1月8日(日)18時ごろから(詳細、後日お知らせします)
場所:『カフェタビタビ』さん(JR『山崎』駅前)
参加費:おひとり2500円(お食事+ワンドリンク代込み)
内容:2016おもてなしウィークの報告・反省会(3日間の催しの様子を見ていただけるスライド上映予定)、出展者のみなさまの交流会
出欠ご返答締切日:2016年12月22日(木)
ご返答先:
おもてなしウィーク実行委員会[メール]omotenashiweek@gmail.comまたは[TEL]090・8886・9833(河野)
*できるだけメールにてお返事お願いします

『おもてなしウィーク2016』、みなさま楽しんでいただけましたでしょうか?

遅ればせながら、これまでFBなどでご紹介できていなかった出展者さんにご登場いただきますね。

こうやって、写真など拝見していると、「あーたのしかったなー」と、しみじみ。

今年も、充実の3日間でした^^

 

来年も、お目にかかれることを楽しみにしつつ、ふりかえってみましょう。

 

おともだち同士、ご一緒に出展してくださった『Hanamone*はなもね』さんと『plus1』さん。

『Hanamone』さんの手描きプラバンアクセサリーの愛らしさ、繊細さに、その場を動けなくなった女子多数。

 

『plus1』さんは、かわいらしくて実用的な布小物やベレー帽などあったか毛糸小物をもってきてくださいました。

 

はんなり和色のふろしきたちは『メッズクラフト』さんのお品。

オリジナル布かばんづくりのワークショップも大盛況でした!

 

ビーズや天然石のアクセサリー『みゆきのてづくり』さん。

ふるセン常連さんなので、毎年楽しみに来てくださる固定ファンも多いお店です。

 

クリスマスにぜひ飾りたい!

リースや小物をたくさんご用意くださった『くう』さん。

こどもさん向けのくじ引きもありました。

 

そして、こちらもおなじみ『みよこの蒸しパン』さんの黒糖蒸しパン!

雨もなんのその。できあがるそばから売れていく、人気ぶりでした。

ふるセン出展者のみなさんもスタッフも、こぞって大量買いしていましたよー。

 

駅近くとあって、たくさんの方に足を運んでいただいたふるセン会場でした。

来年は、実行委員会でも、なにか出したいねー。おにぎり&豚汁はどうかな?

などと、今から計画しております^^

 

 

最終日には、『乙訓戦国つつじ』さんによる演武もあり、とっても盛り上がりました!

 

合戦じゃんけん

「じゃんけん合戦」にも大勢のみなさんに参加していただきました。

 

 

お越しくださったみなさま、出展者のみなさま、楽しい時間をありがとうございました!

また来年!

 

(ふるさとセンターおわり)

おもてなしウィーク2016、大きな問題やケガもなく、無事終了しました!

 

参加してくださったみなさま、

出展してくださったみなさま、

関係者の方々、

ご協力ありがとうございました!!!

 

3日間というのは、あっという間でしたね。

 

地図を片手に「あっち?こっち?」を指をさしながら

歩く姿をたくさん見かけました。

 

  

今年のマップ裏面

 

「オフクワケ店」前 

 

 

19軒が集まる「ふるさとセンター」会場

 

行く先々で、お客様がにぎわっている光景を見たり、

お店の方から「たくさん来てくれはったわ」という声も多数うかがい、

運営している私たち実行委員も顔がほころびっぱなしでした。

 

 

「You shop midori」さん フリマしてます。

 

 

「green books box」さん前に「うごく本屋はせしょ号」

 

今年初めての試みだった『おもてなし合戦じゃんけん』イベントに

強力な助っ人「乙訓戦国つつじ」さんが3日目に登場!

 

 

 

3日目雨の中、出展者さんのお店へいざ出陣の秀吉様

フレンドリーバルーンショップでいろいろな風船にびっくりちゅー(笑)

 

 

手織りつづれ工房「河野」で沖縄そーきそばをお召し上がりの光秀さまと玉さま

 

 

『おもてなし合戦じゃんけん』初日は

「もしかして参加者ゼロ!?」と心配しましたが

受付時間には幾人かの方が駆けつけてくれ、

次の日、最終日の2日間は、息を弾ませて

家族連れや友だち、カップルと多くの方が会場に到着。

「ほら、秀吉でしょ、利休でしょ、光秀!」と

画面を差し出して、じゃんけん大会に参加してくれました。

 

初日と2日目のじゃんけんは、わがおもてなしウィーク段ボー甲冑武将が対戦相手

 

3日目は、戦国つつじさんの天王山の合戦の迫力ある演武のあと、

じゃんけん合戦があり、大盛り上がりでした。

 

参加された方がとても楽しまれたようなので

来年も『おもてなし合戦じゃんけん』は開催予定です。

 

ルールがわかれば、お店めぐりとともに楽しめるので

来年はぜひ、参加してください。

 

 

今年の様子はfacebookの方でアップしていたのですが

開催中にアップできていないお店もありまして^^;

 

今後、アップ、紹介していこうと思っとります。

 

facebook 大山崎おもてなしウィーク

 

また覗いてみてくださーい!

 

 

出展者様のみなさまへ

来年1月8日に『おもてなしウィーク2016報告会&交流会』を予定しています。

またご連絡しますで、日程を空けておいてくださいね~



Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

「おもてなしウイーク2017」出展者募集!

2017年おもてなしウイークは、11月24日(金)、25日(土)、26日(日)の3日間です。 募集要項をよくお読みになったうえで、「申込み専用ハガキ」にてお申込みください! メールやコメント欄からの申込みは受付けておりません。

【重要】ふるさとセンターでの出展をお考えの方へ

24日(金)がセンター閉館日と重なるため、この日の出展場所は、離宮八幡宮(境内および新社務所)となります。 25日(土)、26日(日)は、通常通り、ふるさとセンターでの開催ですので、期間中、荷物の移動をお願いいたします(ふるセンへの搬入は24日夕方可能)。 何かと不自由をおかけすることになりますが、ご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM